2007年10月15日

食物残渣からの堆肥の作り方

食物残渣からの堆肥の作り方はどうなのでしょうか?いまコンビからでる食品廃棄物や、飲食店からの食べ残しを堆肥にしようという動きが始まっています。いや、けっこう前から始まっていたんですけど、ここ最近、もっと熱くなってきました。技術的には食品残渣を堆肥にする作り方はあるのですが、まだまだコストが実用に追いついていないのが実情みたいですね。まぁそもそも食品残渣を少なくすればいいんですけどね。なかなかそうもいかないみたいですね。食品残渣といえば、いろいろありますが、おにぎり、サンドイッチ、煮物、しょうが焼き、にんじん、じゃがいも、ポテト、大根、とりにく、ぶたにく、たまねぎなどなどなどなど。野菜や漬物の食べ残しが多いんですかね。いや、たぶん一番多い食品残渣は、おこめのような気がします。そうです、ご飯です。白いご飯。これがたくさん残渣として出てきているのではないでしょうか??あっ、どうでもいいけど「・・・残渣とし『てでて』きた・・・」てが3回も続いている!本当にどうでもよかったなぁ。それにしても日本には食べ物があまっていますよね。しかしアメリカも食品があまっています。一説によると、アメリカ人の肥満の人を全員、標準的な体系にしたときに、要らなくなったエネルギー、つまり肥満のもとになっているものを、集めて、世界中に配分すると、世界中の飢餓がなくなるとのこと。世界中の飢餓がなくなるんですよ!アメリカ人はドンだけ食ってるんだということですな。食品残渣を使って都会で農業をやって欲しいのです。
posted by たいひ at 10:13| Comment(35) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
BANNER
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。